« 『約束の無意味さ』 | トップページ | 『恩義を感じる事は正し事ばかりでは無い』 »

『人の数だけ正しさがある』

今まで、正しさとは、


ある程度”決まった中”にあり、


『そんなに多くは無い』


と、感じていた。。


しかし、


『正しさ何てモノは、人の数だけ存在する!!』


『どんな人の考えも正しいんだ!』


・・・・


例えば、


この文章を読んでいる人の正しさ


仲の良い人の正しさ


親の正しさ


子供の正しさ


先輩の正しさ


後輩の正しさ


や、


各、宗教の正しさ


政治家の正しさ


アーティストの正しさ


強盗をする人の正しさ


殺人をする人の正しさ


無差別殺人をする人の正しさ


他国に侵略する正しさ


原爆を落とす正しさ。。


・・・・


『全員に正しさ』があって、


その『正しさ』によって『行動』していて、


”どんな”事でも、


『人の数だけ正しさがある!』


・・


「カッターを振り回して遊んでいる子供」にも、


『正しさ』はある!


頭ごなしに、


「それは危ないから止めた方が良い」


と、こちらの『正しさ』をぶつけ、


止めさせる事が「当たり前」では無い。。


『何か訳があってカッターを振り回している訳』で、


『どうしてカッターを振り回したのか?』と、


かなり面倒だが、(笑)


しっかり話を聞かなければ、


『一度は止められたが、また繰り返すだろう。。』


そして、


その子供と話して、


『子供がカッターを振り回して遊んでいる事の正しさ』を、


しっかり受け止め、そして、


『その正しさを変える事が出来無ければ』


『何でだろう。。?』


が残ってしまう。。


(簡単なのは、カッターに自分が刺され痛がる姿を見せるか、取り上げて子供にカッターで傷付ければ、痛みによる教育で終りだ)


・・・・


また、先のケースを、


『子供』という言葉を『バカな後輩』


と、置き換えても話は同じだ。。


『明らかに間違った事をしている後輩にも、正しさはある!』


先輩の立場から見た『正しさ』と違うのだ。


その後輩の育成を任されたとしたら。。?


かなり面倒だが、


バカな後輩に一つ一つ『正しさや、ココでのルール』を伝え、


その通り動いてもらうまで、説明しなくてはいけない!!


しかし、


バカだから、中々説明だけでは伝わらない時、先輩として!


『諦めるのか?』


『分かるまで説明するのか?』


の、決断を迫られる。。


多くは、諦め、


バカな後輩のした行動の『責任は取らない!!』


いくら育成を任されたとはいえ、面倒だからだ!!(笑)


(この後輩が『我が子』であっても、面倒だろう。。)


・・・・

・・・・


私はこんな『正しさ』を伝えるレッスンを、


『責任を重く感じ』


伝えている。。


(簡単には伝わらないけどね。。(苦笑))


まぁ、だから必死だ!!(笑)


・・・・

・・・・


そして、


41歳の私からしたら、子供の様な20歳頃の人に、


『バカな事をしている』


『カッターを振り回して遊んでいる子供と同じだ』


と、私の『正しさ』を伝えるが、


『バカな事』も『カッターを振り回している事』も、


止めては頂けない。。


・・


どんなに『正しさを伝えても』


所詮、


『私の正しさ』であって、


『その方の正しさ』とは違う。。


・・


悲しいかな、


説明して、分かって頂ける方が、


殆んどいない。。


そして一年後には、案の定!!


『バンドの解散』


『年齢により辞める』


『いろんな形を付けての活動休止』


に、なるのだから、


ビックリし、唖然とし、


虚しくなる。。


・・


”だから伝えたのに!!”


と、思っても意味が無い。。


その時、


その人に『正しさ』を伝え切れ無かった、


『自分が悪い。。』


(自分が情けなくて!「ザマーみろ♪」としか言えない。。)


(これが歌の事であれば良いが『止めれ無ければ人が死ぬ場合だってある!』)


・・


また、私では無く


”分かりやすく”


『過去の栄光や現在の肩書』のある人の、


”言う事を鵜呑み”にする人は多い!


全員に『正しさ』を伝えれるなら、


『肩書通り、全員をプロにしている筈なのに、だ!!』


『MISIAを育てたと言うなら!』


『その専門学校から有名人を排出したなら!』


『全員をそのレベルに出来無いのは何故だ!!』


(”元々上手い人”のレッスンやプロデュースをしただけで、、モノになりそうな子を形にして出しただけだ。。)


『肩書による正しさを信じ』


多くの人が、


『成功とは言えない成果』で終わる。。


(デビューしただけ”デビューさせられた”だけ!!「思い出と挫折」にしかならない!!!)


・・・・


『人の数だけ正しさがある!』


だから、日常でも


人と人が居たら、


『正しさのブツカリ合い』になる!


・・


お互いの『正しさを出し合って』


『正しさを見せ合って』


ちゃんと向き合って話をする事が出来れば、


『更に良い正しさだって見付かる!』


(実際、教え子から教わる事も多い!)


(しかし!”夫婦間”では『正しさの血戦』になる。。(苦笑))


・・・・


『危ない!』と伝えても、


『話し合う場も無く!』


話を聞いてくれない方が多く、


また、


「理解し切っていない方」がいて、


とても悲しい。。


(挙げ句、1、2年後には辞めてるんだよなぁ。。)


・・・・

・・・・


人の数だけ正しさがある事は、


『当たり前であり』


『とてもやっかいな事』でもある。。


それでも、


『人の数だけ正しさがある!』


という事を受け入れ、


対応するしかない。。


話し合える人に出会える事は、


『奇跡に近い事』だと感じ、


”出会えた事に”


感謝した。。

|

« 『約束の無意味さ』 | トップページ | 『恩義を感じる事は正し事ばかりでは無い』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『約束の無意味さ』 | トップページ | 『恩義を感じる事は正し事ばかりでは無い』 »