« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月に作成された記事

『残酷な事実』

アーティストとして努力している方には、かなり残酷なことだが、


もし!メジャーを狙っているなら、16歳頃から「活動」を始めて、


「20歳迄に」メジャーとの契約が無いと、


後は「常に2,000人以上!」集客出来るアーティストでなければ、お声はかからない!という事だ!!


(2,000人集めるには、圧倒的な歌唱力と、名曲が2曲以上必要!)


・・・・


分かりやすく、


西野カナ、miwa、家入レオなど、20歳迄にメジャーとの契約がされている。


20歳から始めたのでは、遅いのだ!


しかし!


これでも、悲しい話「お金になれば」メジャーとて黙ってはいない。


「お金になる」=「集客がある!」
(・∀・)ノ


常に集客が、2,000人以上あれば、文句は無いと思う。。


しかし!


軽く2,000人と言うが、普通では集まらない。


テレビ出演や、広告などが無ければ、かなり難しい話だ…


しかし、テレビ出演や、広告はメジャーでなければ、


メジャーでも、強く押してくれるアーティストでなければ、


やってはくれない!!


(メジャーでも、強く押してくれないアーティストはゴロゴロいる。。)


・・・・


そうしたら、やれる事は1つ!!


「圧倒的な歌唱力で、一回聴いたら忘れ無いようにさせ!」


「名曲をいっぱい用意する!」


しかないでしょう!!!


私は、歌は「世界的なレベルまで上手くする技術はある!」


と、感じている。


(その為に20年かけて、6オクターブ以上の発声の技術と、アメリカ人に負けない声量の技術も覚えた!)


・・・・


ですので、発声や歌はともかく、


「曲」に対して勘違いしている方が多い。。
φ(..)


「曲」は、毎日2曲以上(メロディーラインだけでいい)、


コツコツと続ける事で、多くの駄目な曲の中から出てくる!!


ミスチルの桜井さんも、メロディーが思いついたら、即録音していて、


いっぱいある曲の中で「サウナ」というボツ曲をメンバーに披露して、笑われた事がある。


亡くなったアーティストが、今でも新曲を出せるのは、当時のボツ曲だ。


詞で有名な秋元さんは、かならず日に2曲は書いているという。


(当然、ボツの詞もいっぱいあるだろう。。)


・・・・


このように、「メロディー馬鹿や詞バカ」に成る事が必要!


言い替えると、


「常に考えていることが自然体」


に、ならなくては、


「プロフェッショナル」


とは、言えない。。


そうでなければ、趣味と言われても仕方無い。


「この道で食べて行く覚悟」が無い!!


と、判断されても仕方無いかと…


・・・・


歌う事は、誰でも出来るし、続けられる。


趣味ならば。。


しかし!


私は、プロになりたい!!


と、いうなら、


述べてきた内容が、解るかと思います。


食べて行くってのは、


『覚悟』が絶対です。

| | コメント (0)

『アーティストの当たり前!』

アイドルなら、見た目と踊りと、年齢が勝負!


若さ溢れるパワーで勝負!


しかしその為、息は短い。


20歳以降は、実力が必要となってくる。


AKB○8を卒業後、Zepp(2,000人)を満員に出来ないのが現状だ。。


若いアイドルなど、次々と出て来るからだ。


昔のアイドルが、残っているのは歌が上手いからだ・・


・・・・


「私はアイドルではない!」というなら、


アーティストである。


アーティストなら、更に歌が上手く無きゃ、まず話にならない。


独特な声がたまたま、みんなに認められたり、


(ミスチルも、サザンも、自分で下手と認めている)


カリスマと呼ばれるような、カッコよさや、可愛さがあればいいが、


(全盛期の浜崎あゆみや、椎名林檎、福山雅治や、ラルク等)


それも無ければ、


歌が上手く、曲をいっぱい書くしかないでしょう!!


(aikoや絢香やドリカム、槇原やチューブの前田)


事、aikoや絢香やドリカム、槇原や前田に至っては、死ぬまで歌い続けれると思います。


(シンガーソングライターで書きまくり、当然!腹式呼吸もばっちり出来ている!)


過去の歴史からみても、北島三郎や、和田アキ子が、紅白に出れるのは、実力が半端でないからだ!


あまり興味の無いジャンルかと思うが「歌の爆破的な迫力」や、「圧倒的なオーラ」は、簡単に出せるものではない!


(1回!目の前で聴けば分かります)


・・・・


まぁ、何を言おうが、


「こういった人達に、勝つか並ばなければ」


自然と消えて行く。。


目の前の小競り合いもいいが、


「戦う目標はアノ人達!!」


その目線で考え、「何が必要かもう一回!」しっかりと考えて欲しい。。


私は、歌の実力はもちろん、曲のアドバイスも出来る。


・・・・


25歳を越えているなら、尚更時間との戦いだ!


このままでいいなら、そのままでいい。


(厳しいが)目先の小金欲しさに、客に媚びていればいい。


そうで無く、野望があるなら!


「変える」必要があるはずだ!!

| | コメント (0)

『心の穴を埋めるモノ』

ぽっかり空いてしまった心の穴。


何かを入れても埋まらない。


埋めるモノは分かっているけど、なかなか手に入らないモノだから。。


・・・・


別に必要の無いモノだと思った。


実際必要の無かったモノだから。


それでも、


こんな日が来ると思わなかった。


似て非なる事だが、


昔、好きな女の子にフラれた時もそうだった。


闇の中を、ただたださ迷っているよう。


出口は無く、同じモノでしか埋まらない事に気付くのに1年半かかった。。


・・・・


私は、つくづく強欲な人間だ。


思い通りにならない訳が、無いと思っているのか?


これだけ思い通りにならない事を経験したのに、


まだ、分かっていない。


かといって、諦める事は簡単に出来ない。。


・・・・


埋めるモノも分かっている。


どうしたらいいかも、頭では分かっているが、


心の穴が余りに膨らんで、


耐え切れない・・


情けないし、みっともない自分を、


認めれないし、


嫌いだ。

| | コメント (0)

『先進国と発展途上国と歌い人』

昔、「シムシティ」というゲームがあった。


町や都市を、建設して行くゲームで、


栄えれば、栄えるほど人口が増えた。


しかし、そのゲームが唯一間違っていた事は、


「人間の心の変化」


栄えれば、栄えるほど、


人口が減る!


という事である。


・・・・


私は38歳。


まだ、テレビがカラーでない時代を経験している。


今では考えられない、壊れかけの家にも遊びに行った。。


今は、建物もしっかりして、


電話も、携帯になり、


インターネットにより、情報が溢れ、


曲も買えてしまう。


こんな時代になるとは思わなかった…


・・・・


先進国というのは、急成長する。


しかし、その変化に対応し、うまく付いて行かないと、


時代と、人間が噛み合わなくなる。


雨風を防げ、食べ物に困らないようになったが、


「孤独感」から来る、


引きこもりや、鬱の人間が、極端に増えた。


ダイエットなんて、昔はあったのか?


拒食症の人間まで、出て来る。


「心の重要さ」が、心無き人により、


問題になっている。


(私も、その火中の人だ(苦笑))


・・・・


その他に、先進国の急成長の代償として、


温暖化や環境破壊、原子力発電などが、


地球を壊しかけている。


・・・・


それらは、人間に希望を無くさせ、


無意識が、子供を欲しがらせない。


まさか、人口が減るなんて!!


私の実家の商店街は、スーパーマーケットが出来てから、シャッターが殆んど下りていて、


ゴーストタウンの様だった。。


東京に来た私がいうのもなんだか、


確実に人口は、更に減って行く…


町お越しに成功している町なんて、少~しなんだろう。。


・・・・


人口が減り、スマートホンなどがあると、歌い人はかなり困る。


客としたい若者が減り、


情報から、「目的があってステージに行く人」しかいないので、


ステージでは、圧倒的でない限り、


新しい客が増えない。


(路上などしなければ、開拓出来ない)


・・・・


環境問題や、地震によるボランティア、


更に「ステージでゴミを出さない」なんて、


ミスターチル○レンの桜井さんしか、出来ない。


(超!余裕がある人。)


みんな、その日の集客で必死だ・・


パーティーや、ステージをすると、必ずゴミが出る。


チラシでも、紙も使う。


レストランなどで働いた事のある方は、分かると思うが、


まだ食べれたり、飲めたりする物を、捨ててしまう!


もったいないが、仕方がない…


しかし、発展途上国の人が見たらどう思うんだろう・・


そんな上に、自分達がいる事を分かっていたらいいのだが。。


・・・・


人間は、地球上の頂点に立つ動物だ。


昆虫はもちろん、草食動物や、肉食動物の上にいる。


弱肉強食だ。


また、人間の中でも弱肉強食はあり、


一人一人の世界で、弱肉強食が行われている。


戦争から、企業間、仕事先から、友達、家族まで、


争いは絶えない。。


闘わなければ、人間でいられない。


争いの無い世界は、架空でしかない。


唯一、現実逃避している時間が、確実に穏やかな時間を過ごせる。


・・・・


旅行に行ったり、テレビを見たり、


ステージを見たり「歌を聞いたり!」


歌い人は、皆を素敵な空間に連れて行ける!!


その瞬間によって、皆を救える。


ステージでは、一人一人と心がツナガル事で、一体感を感じ、


お互いが救われる!


(意識があるか無いかで、かなり変わってきます!)


一方的に伝えるのではなく。


(こちらから心を開かないと、相手も開いてくれない。)


・・・・


「戦争をしない国」だからなのか?


平和と発展が人間を戸惑わせ、人口が減っている。。


アメリカは、少しずつだが増えている。


(移民もあると思いますが…)


・・・・


最後に…


最近、新幹線に乗った時、東京~浜松(静岡)間ですが、


田んぼや畑、ビニールハウスが荒れ果てている場所が目立ち、


(後を次ぐ人がいない)


建物も、空き家が多かった・・


仕方無いが、これが現状だ。。

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »