« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月に作成された記事

「アゼンとする」

ある方のステージを見に行ったのたが、


その方のファンが、平気で他のアーティストとしゃべり、


写メを二人で撮っている!


それも!その方の目の前でだ!!
(゜ロ゜;ノ)ノ


挙げ句、その方のステージ中に、他のアーティストと話していている…orz


・・・・


まぁ人間、何をしようと自由なのだが、


「最低限のマナーは」必要だと思う。


もし、その方のファンなら尚更だ。


せめて、目の前ではなく、場所を変えて話すならまだ良いが、


それを見て「私がその方なら」か~な~り、


「不愉快」な思いをすると思う!
!Σ(×_×;)


(いや、私ならファンを止めてほしい)


・・・・


しかし、ファンであることは確かで、


チケットを、物販を買ってくれ、お金を出してくれるのは、


そういうファンだ…orz


だから、耐えなきゃいけないのか?
<(_ _*)>


・・・・


そもそも、もっと実力があり、曲もいっぱいの名曲があれば、「デッカイ事務所」の後押しで、


広告、テレビ出演などで、一気にファンは増える!


でも、その努力じゃなく、今出来る努力しかしないのが、


何ともいえない…


・・・・


2人での写メに、くじ引きに、スタンプに、手料理…


それは、現状のファンをつなぎとめるモノであって、


新規のファンは、集まらない!


コノ努力の先に、武道館は見えるのか??


アーティストであるなら、実力を上げて、曲をいっぱい書く!


でないと、いつまでも現状は代わらず、


上には上がれない。


・・・・


私は、ファンでは無い。


「応援したいから」見に行っている。


実力はもちろん、曲も伝えられる。


「応援」したいから。


(心を見て、人は選びますが…(苦笑))

| | コメント (0)

『やりたい事と、やらされている事』

人間、行動するのに限界がある。


時間は決まっていて、過ぎて行くのは、あっという間。
ε=ε=┏(・_・)┛


嫌でも歳は取るし、それによって「他人の目線」が変わる!
(゜ロ゜;


(自分は変わらないのに…)
m(__)m


限られた時間をどう使うかが、ポイントになる。
(・∀・)ノ


・・・・


人間、何をして過ごすのも、自由だ!
\(・o・)/


自由と感じないのは「自分でそれを選んでいる事」を忘れているから・・
( ・◇・)?


「やらされている」なんて感じるなら、


止めればいい。


しかし、「簡単に止めることが出来ない」
( ̄^ ̄)


というのは、勇気が無いか、諦めているか…
φ(..)


いずれにしても、「自分で選んでいる」


親の仕事の後を継ぐのも自由なこの時代、何をしてもいいが、


責任は自分。


・・・・


だからこそ、やらされているのではなく「やっている行動を」しっかりと考えないと、


気付いたら「やらされている事だらけ」に成らないように、
Σ( ̄ロ ̄lll)


しっかり自分を見なくちゃいけない。


・・・・


今している行動が、客観的に良いのか?悪いのか?
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)


判断する事は、難しいが


「未来を考えて、どうなりたいか?」
(⌒0⌒)/


1つの目安になると思います。

| | コメント (0)

『謝る事が出来ないと、全力を出せません』

自分を守る為に、


謝らないで、言い訳などで逃げようとする人がいる。


それを見て、みっともないと思い、


自分にウソをついてるなぁ…と思い、


そうやって、ここまで来たのだなぁ…と思い、


もったいなくも、悲しいと思い、


コレが普通か…と、思う。


・・・・


自分の心を守る為に、


「心の壁」


が、出来てしまった人は、多い。


フィルターみたいなもので、それを使って、


自分を守る為なら、想いと違う事でも平気で言ってしまう。


たとえ、冷静になり後悔したとしても、その言葉は止まらない。


自分の心を守る為に…


・・・・


傷つくのが恐いのか?


自分に間違え無く、負けたと思いたく無いのか?


徹底している。


コレが普通なのか?


・・・・


私にはよく分からない事だが、


見ていると、残念でならない。


なぜなら、


「自分の全てを、さらけだせないから」


自分の全力が出せない。


歌もそうだが、


「自分の全ての想いを出せない」


し、「勘違い」されやすい。


・・・・


「ツンデレ」なんて言葉があるが、


あれは、アニメの中だけで十分かと思います・・

| | コメント (0)

『どんなに有名でも』

どんなに有名な人のボイストレーナーをしても、


元々上手い人の最後をまとめただけの方は多い。


そのボイストレーナーが、自分をプロまで引き上げてくれるかは、別の問題!


それなら、もっとプロになる人は多い筈だから!


・・・・


トレーナーが、日本のプロでも世界的なプロでも、それは元々素質があり、若さもある方と出会ったから。。


自分も同じになれるのであれば、そのトレーナーに習った方は、みんなプロになれる。


肩書きやうんちくは、どうでもいい。


実際に、プロにさせてくれるかだ!


・・・・


たった一言でいい。


「私は、プロになれますか?」


と、いう質問をすればいい。


努力次第だとか、ごまかす事を言ったら、


「言われた通り、努力したらプロになれますか?」


と、問えばいい。


・・・・


どんな肩書きの人も、今のところ、元々素質がある人を、まとめて世に送り出したトレーナーは多いし、


どんなに練習したり努力しても、


「努力の方向が違っていれば意味はない」


・・・・


その人に合った努力の方向を「的確に伝えれる」トレーナーやプロデューサーは少ない。。


態度だけはデッカクて、責任を取ろうなんて思っていない。。


いっぱい集め、お金だけ頂いて、「元々素質がある子」を探しているだけなのだから・・

| | コメント (0)

『全て分かり合えないのが普通』

人と人は、当たり前ながら、


なるべく「分かり合えた方が」いい。
(^^)人(^^)


しかし、世の中「分かり合えないのが」普通だ。。
(^^;)(;^^)


・・・・


人は孤独なもので、なるべく自分と近い考えの人と群れる・・
(^-^)/\(^-^)/\(^-^)


意見を合わせれば、仲間は増えた感覚はするし、
ゞ(^o^ゝ)≡(/^_^)/"


孤独ではないという、「安心感」を得られる。
ヽ(´ー`)ノ


また、反対に、


1人の人と近い関係になっても、
(*^o^)/\(^-^*)


その人は、「安心感」を得られる。
(*・∀・*)


・・・・


しかし、1人の人と近付けば、近づく程、
(*^o^)(^-^*)


お互いの違いが、許せなくなる。
o(><;)(;><)o


「育って来た環境が違うから~あぁ♪」


と、歌にあるが(笑)、
♪~(・ε・ )


「育って来た環境が同じ、兄弟でも」
o(^-^o)(o^-^)o


好きなものは違うし、考え方も違う。(笑)
o(T△T=T△T)o


・・・・


だから、近い間柄であればある程、


「違う事が目立ってしまい、
?(・_・;


なかなか許し難い・・」
ι(`ロ´)ノ


ここで、「全てを分かり合えないのが普通」と思っていれば、
(・∀・)ノ


せっかく出逢えたものを、失う事はない。
(*^o^)/\(^-^*)


・・・・


アノ夫婦は、分かり合えている様に見えても、
(゜-゜)(。_。)


中身はどうだか分からないし、
┐( ̄ヘ ̄)┌


5年後、どうなっているか分からない・・
┐(´д`)┌


・・・・


出来る事なら、全てを分かり合いたい。
(*^∇゜)v


しかし、


「そこまでの間柄になった奇跡を」
(^_^)/▼☆▼\(^_^)


忘れてはいけない。
φ(..)


そんな出逢いの方が、世の中少ないのだから・・

| | コメント (0)

『閉ざされて行く世界』

歌というのは、聴いてもらう必要があるが、


聴いている人によって、歌い手のヤル気は、変わってしまう…


女子のステージは、主に「オタクとおじさん」が、


「見た目を見に来る」


歌ではなく…


・・・・


女子は、オタクには心を開かない。


ましてや、アイドルではないのだ!


「アーティスト」であり、


「シンガーソングライター」


でもある!


そんな女子が「夢と希望」を打ち砕く現実…


オタクやおじさんから、「会いたいが為に、触れたいが為に」


物販に並び、好きなだけ話す。


女子は、顔は笑いながら「心は固く閉ざされて行く・・」


そんな中で、のびのびと歌う事は出来ない。


実力も下がり、年齢だけ取って行く・・


・・・・


デッカイ事務所に入り、「未来を買われ」、


「強く押してくれなければ」、


「テレビ」などのメディアを通して宣伝してくれない!


となると、


地道に、オタクやおじさんを相手にせざるを得ない…


厳しいが、「事務所側が」強く押すだけの実力が無いから、仕方無い。。


(事務所の人間になって考えてみよう。社運を賭け、誰にお金をかけるのか?)


・・・・


かなり厳しいが、弱肉強食!


「年齢」(長く売る)

「見た目」(どれだけ写りがいいか)

「歌の実力」(圧倒的であるか)

「曲の良さ」 (曲数)


こと、見た目だけは、化粧や服でJUJ○Uの様にごまかせるが、


(あまり好きではないが、整形をする覚悟の強い人も多い)


「歌の実力と曲」だけは、


「実力と曲数」による。


自分で、なんとか出来る所だ!!


・・・・


一般的に歌の実力は、成長しないと言われているが、


私は確実に、成長させる事が出来る!


「世界で活躍したい」なら、そのレベルまで!!


土台から、デッカク成長させる事が出来る!


ホイットニー・ヒューストンや、マライア・キャリーを越えるような!!!


・・・・


せめて「歌の実力」だけでも圧倒的でないと、


「将来」は、買われない。。


そして、今のままでいいと「自分にウソをついても」


年齢という時間は、あっという間に過ぎてしまう。。


そうでなくても、若者は次々と出て来て、少ないイスを取って行ってしまう・・


20歳より前に、普通は選ばれてデビューして行く。


それに逆らうなら、それなりに「圧倒的」なモノが必要だ!!


その覚悟が無いと、現在の中途半端な時間が、ずっと続く・・


(いい話なんて、もう転がり込んで来ないのは、分かっているはず!)


どんなに自分が満足しても、


歌は残酷な「ビジネス」なのだから・・


・・・・


今のまま、「閉じる」のを見守るか?


世界を「実力で開く」か?


時間は、あっという間に見た目も、お客も奪って行く・・

| | コメント (0)

『これから先どうなる?』

最近、色んな方のステージを見る。


デビューしたいし、もう1つ上に上がりたいという、アーティスト達だ。


しかし、この先どうするのか?

どうなってしまうのか?

お節介たが、不安になる。。


分かった事は、「圧倒的な実力が無いと難しい!」ということだ!


・・・・


例えメジャーデビューしても、事務所やレコード会社が後押ししたくなる「総合的な実力」が無いと、


メジャーデビューは、単なる記念になり、転げ落ちる。


(いろんな方を見ていると、分かると思いますが…)


「曲」(曲数と名曲)

「歌の実力」(圧倒的かどうか)

「見た目」(年齢と将来の成長)

「キャラクター」(中、高校から見た年齢に合ったモノ)


の中で、

先ずは、曲かと思いますが、


歌の実力が「圧倒的」であると、普通の曲がパワーアップします!


見た目から入るオタクの方々と違い、一般の人は「曲と歌声」


先ず「耳」から入ります。


(アイドルなら、見た目と若さだけ…)


アーティストなのに、アイドルの様にしている方は、何をしたいのかかなり微妙です。


(アーティストは、年齢が少し延びるのに、アイドルは「整形をしても」25歳が限界かと…)


・・・・


また、デッカイ事務所に入っても、強く宣伝してくれなければ、


扱いは、普通の事務所と同じ。


かなりのペースで、こき使われます。。


色んな場所に回れば、回っただけファンが増えるのか?


なかなかそうも行きません。


全国を回らないより、回った方がいいですが、


「テレビや紙面」などの「メディアの露出」には、勝てません。


ならばどうすればいいのか?


スーザンボイルさんの様に、「圧倒的な実力」を付ける事が重要かと思います!


(世界的に認められる上手さ!)


・・・・


「もう実力が上がらないと感じる」のは、


今までの「ボイストレーナーの実力が低かった」からです!!


例え、事務所公認のボイストレーナーでも、


「小さくまとめる事」はしても、基礎力や実力を、引き上げる事は出来ません!


(やり方がわからないからです!)


私は違い「世界を目線の当たり前」にしています!し、


「ソコまで育てれる」自信もあります!


実力を世界レベルまで、引き上げる事が当たり前だと考えています!


「20年間発声にこだわり続け」今では、


「6オクターブ以上」の発声と、


どうしたら「相手の心を掴めるか?」


最終的には「オーラ」の使い方まで、


伝えれるようになりました!!


確実に実力は、上がります!


上がらないのは、伝える方が技術的に低いからです!


「一回のレッスンで」必ず実力は、上げます。


是非、目の前で確認して下さい!


・・・・


近頃、全国デビューが決まった方がいますが、


そんなに長く無く転げ落ちると思います・・


(「メジャーデビュー前に2000人以上!」集客が無いと、強く押してくれない!)


メジャーデビューし残る方は、圧倒的に階段を上って行きます。


そうでなかったら、足りないモノを補わないと、


「路上などの素晴らしい努力」も、


無駄になってしまいます・・


これは、歴史が語っています。


ウソだと思う方が多いと思いますが、


ウソだと思う方は、是非お会いして、


更にウソだと感じたら、好きなだけひっぱたいていいです!


いつも覚悟して、伝えています!

| | コメント (0)

『必死にやって、1年経ったら・・』

1つ!


考えてほしいが、自分と同じ日に、ステージに立った人やバンドが、


プロになって、オリコンの100番までに、入った事があるだろうか??


もし入ったとしても、2年後その方は残っていただろうか!??


・・・・


歌の活動を、プロになるために、


「必死にやって、1年経って成功しないと」


そのまま続けても難しい…


何故なら、プロになる人は「あっという間に、のし上がって行く。」


何かが、「圧倒的」なのだ!


自分と、同じ年のプロで活躍している人と、自分を比べれば分かる。


「見た目」


「歌の実力」


「曲の実力」


「トークのうまさなど…」


比べて、勝っている所が1つでもあるのか?


・・・・


無ければ補えばいいが、


見た目は、痩せたり、化粧をするしかない。


(プロになるには、整形をする場合も必要)


歌と曲の実力は、「正しく努力すれば」必ず伸びる。


(どんなに練習しても、変わらない場合や、逆に実力が下がる場合がある)


・・・・


応援してくれるみんなも、テキトーなもので、


毎回来てくれる、下心のある方や、


ちょっと応援しただけで、うまく行ったら、


「私が育てた♪」


と、いいとこ取りしかしない人。


「応援してる」と口先だけで、


ホストや、キャバ嬢のような、何もしてくれない人。


・・・・


「見た目も含めた、実力と、かたぎではない!覚悟のいる世界。」


誰にも負けない「武器」がたった1つあればいい。


圧倒的な物が1つあればいい。


1つもなければ、手に入れればいい。


それが、唯一の希望になるから!


・・・・


もう身に染みて、分かっているだろうが、


何もしないで続けても、状況は決して変わらない。


いろいろと手を伸ばしても、


元の「歌と曲の実力」が変わらなくては・・


「応援してます♪」


何て言葉に、だまされてはいけない…


毎回ステージに来て、見た目ではなく「歌」を聴いて下さい。

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »