« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月に作成された記事

『国民的ヒーロー』

先日、ボクシングの内藤大助選手と、山口選手の試合を見ました。


内藤選手の紹介は豪華☆


「痛みを知る国民的ヒーローの内藤!」


(≧ω≦)


もう、ステキ以外のなにものでもない♪
(//∀//)


試合をたまたま、友達とカレー屋さんで見ていたのですが、店のオヤジが、


「内藤ってヤツは、何だか応援したくなるんだよなぁ‥」


と、言うので私は、


「オヤジさんと同じように、人柄が良いからですよ♪」


と、伝えたら、


オヤジは照れくさそうに、奥に引っ込んだ。
(^_-)


内藤選手の人柄の良さは、テレビを通しても、しっかりと伝わってきていて、私もすっかり内藤信者。
(;^_^A


試合は序盤、動きの良い内藤選手がペースを握り、押していた。


内藤選手の奥さん、まゆみさんも、大さんの動きがキレていたと言っていました。


(そんなしっかりした奥さんもついているから、強いのかな‥)
(^ε^)


中盤は山口選手も追い付いてきたと思いましたが、終盤は、内藤選手のパワーが山口選手を追い詰めました。


私は内藤選手のボディーブローが効いて、山口選手が動けなくなったように見えました。


山口選手は内藤選手のボディーを攻めて、足を止めるつもりだったみたいだけど、逆になったみたい。
^ロ^;


山口選手が、止まったところを打ち、1度目のダウン。


そこからが圧巻!
w(°0°)w


2回目のスタンディングKOをとるまでが凄かった。


マンガ「はじめの一歩」を読んだ事のある方は分かると思いますが、アレはまさにプチデンプシーロール!


左右のフックを連打連打!
o( ̄ ^  ̄ o)


山口選手もあれでは、カウンターなんてとる間もない。


あんなの食らったら死ぬなぁ‥
(・・;)


なんて、思いながら内藤選手の強さに見とれました。


しかし、山口選手も凄かった!


何度いいパンチをもらっても、前に出て行く姿は、見ていて胸が熱くなりました。


あの根性と気合いは、本当に見習うべきものでした。
m(__)m


その熱い想いに答える内藤選手も、拳で会話をしているようでした。
(T_T)/~


素晴らしいどつき合いは、とても感動しました。
(^-^)


これからも内藤選手は頑張ってほしいです。


国民的ヒーロー☆


本当に素晴らしいなぁ。
(*´∀`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『飯島愛さん』

先日、飯島愛さんがお亡くなりになりました。


私の3つ上で、36才という若さ。


しかも、死後1週間後に見つかるという、少し切ない感じで‥


私なりの見解だけど、仕事を辞めて急に周りに人がいなくなり、淋しくて、薬で心を保とうとして、飲み過ぎて、倒れたのだと思う。


心の孤独感に耐えられなかったのだろう、孤独死のように見えた。


追悼番組を見ると、飯島さんは気遣いがあり、本当に優しく、真っ直ぐな方だったんだと思った。


優しさゆえに、周りに迷惑をかけられないと思い、自分で何とかしたかったのだろう‥


私から見たら、芸能界にいる人は、プライベートなんてありはしないし、人なんて群がるように、集まってしまうものだと思っていた。


孤独なんて無縁だと。


でも、心からつながっている人が、どれだけいただろうか?


飯島さんの事を理解して、本心から心配した人が何人いただろうか?


我々もそうだが、仕事を辞めてしまったら、今までは仕事仲間とあんなに顔を合わせていたくせに、辞めたとたん疎遠になってしまう。


人としてでは無く、仕事でつながっていたからだ。


また、芸能界の方はみんな人に追い掛けられて、1人になりたがっている人達だからと、周りの人達も、気を遣ったのかもしれない。


テレビの追悼番組ではみんな、もっと話を聞いてあげれば良かったと、一様に後悔の顔を浮かべていた。


孤独感を感じ、自殺する人もいれば、1人にした世の中を恨み、無差別に人を傷つける人もいる。


戦争も無く、医療も発達し、生き抜く時代ではない。


心の満足感を得ようとする、心の時代だ。


お金や物質では埋められない。


周りにどれだけ、心からつながりがある、本当の仲間がいるのか。


本当の財産はお金ではなく、人なんだ。


あんなに注目される、人気商売の芸能界からの、孤独死は、私にとって人のつながりの大切さを、またしても感じるものでした。


優しい飯島さん。


心からご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記36』

最終日はお世話になった方に、挨拶まわり。
(^-^)
 
 
まずはカネワラ。
 
 
我々に幾度となく、飲み物を進め、イスラムの洗礼を浴びせた男‥
^ロ^;
 
 
チップは通常20ドルが相場らしいが、正直、対応にイラついていた私。
(~ヘ~;)
 
 
15ドルを渡してあっけなく最後の別れをつげた。
 
 
日本人なら許されないからなー!!
(m'□'m)
 
 
次はダイビングの先生♪
(*^_^*)
 
 
不在だったので、袋に入れておきましたが、
 
 
30ドルと、モルディブではとても貴重な日本食のインスタントラーメン、ポテトチップス、カキの種と、豪華3点付きな感じ♪
 
 
先生も喜んだだろうなぁ‥
(*´∀`*)
 
 
先生がいたからこそ、嫁さんはダイビングの免許が取れたと思うので、本当に感謝しています!
m(__)m
 
 
先生!本当にありがとうございました!
(T_T)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記35』

7日目は旅立ちの日。
 
 
遂にモルディブ最後の日を迎えました。 
(T_T)/~
 
 
朝ごはんを食べ、11時半にはこの部屋ともお別れ‥
 
 
この部屋での生活が、走馬灯のように頭の中を流れました。
 
 
ベランダにあるジャグジーでは、夕日を見ながらお風呂に入り‥
 
 
このステキなベットでは、ダイビングの疲れで死んだように眠り‥
m(__)m
 
 
1晩で2匹ゴキブリが出ては殺し‥
Ψ(`∀´#)
 
 
バスローブは何度も洗ってほしいとアピールしても洗ってくれず‥
(οдО;)
 
 
本当に楽しい思い出ばかり♪
(^ε^)
 
 
この島に着いた時は、早く日本に帰りたいと、正直思った事もありましたが、住めば都。
 
 
本当に名残惜しくなりました。
(ノд<。)゜。
 
 
部屋の隅々まで、「ありがとう」と感謝をのべて、
 
 
THANKS
 
 
と、島に生えていた葉っぱでベットの上に文字を残し、チップを7ドル枕に置いて、部屋を出ました‥
 
 
314号室よ本当にありがとう!
(^_^)/~
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記34』

ハネムーンディナーを食べ終えた後、先生に最後の筆記の提出。
φ(.. )


それから、先生と一緒に3人で、バーに飲みに行くことにしました♪
(^^)v


このモルディブ人だらけの島に、5年もいる日本人の先生。


女性で、私達より年は上だろう‥


いくつか質問してみた。
m(__)m


どうしてココで働いているのですか?


「海が好きで、モルディブはダイビングのメッカみたいなところだしね♪」


私の嫁さんみたいに、大変だった生徒はいましたか?


「まだ、マシな方ですよ♪もっと忘れたくても忘れられない人がいました」


日本には帰ったりするんですか?


「1ヶ月休みをもらえるから、その時に帰ります。毎回、浦島たろう状態になるよ♪」


日本食が恋しくならないですか?


「なるよ♪家からどっさり日本食を送ってもらうんだ♪」


モルディブ人は好き?


「いーかげんな人が多いからなぁ‥」


モルディブ人の嫌いなところって?


「ニホンジン、仕事が好きだから任せる。って言って仕事をしないことが腹立つよー!」


一緒になるなら、モルディブ人?日本人?


「モルディブ人は考えている事がワカラナイから、日本人♪」


だそうです。
^ロ^;


ココに5年も住んでいる人のお言葉は、とても重みがありました。
m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記33』

6日目の夜が最後の晩餐。


ということで、ハネムーンディナーたるものを、いつも食べているレストランとは違う場所で、食べてきました。
(^-^)


しかし、出かけようとする30分前から、いきなり大雨が降り始めました。


日本でいうところの、「ゲリラ豪雨」のさらに風が強い感じ。
(◎-◎;)


台風直撃みたいな雨の中、飛ばされてしまいそうな、小さなカートに乗り、レストランへ‥
(>_<)


しかし、運転手のモルディブ人は余裕な顔で、運転している。
(・・;)


さすがだねぇ‥
(´ω`)


と感心しながら、レストランに無事到着。


しっかり運転手には、1ドルのチップを渡しました。
(^^)v


そしてレストランで、ハネムーンディナー♪
(●´∀`●)


最後の夜、キャンドルライトの淡い光の中、美味しいディナーを堪能しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『メリークリスマス』

メリークリスマス!
゜+。(*′∇`)。+゜
 
 
ということで、またカキを食べに行ってきました。
(;^_^A
 
 
今回は年に1回の、贅沢をしても良い日でしか行けない、品川のアトレにある、オイスターバーに行ってきました。
 
 
店内は高そうな雰囲気を出す為に、高そうな内装と、高そうな服を着た店員達。
 
 
ちなみに私は美味しいものは好きだけど、こういう雰囲気はキライ。
( ̄〜 ̄)ξ
 
 
でもココは、世界のカキを食べれるんです。
(;_;)
 
 
そんなこんなで、アメリカ産とタスマニア産の外国産チーム。
 
 
と、長崎と岩手の国産チーム
 
 
を、食べ比べました。
(*^_^*)
 
 
結果は‥
 
 
国産の圧勝!
ヽ(´▽`)/  ニホンヤッタネ♪
 
 
っていうか、ココに来た意味無いやん‥
m(__)m
 
 
前に来た時は「ステラ」と言う名が付いた海外のカキが美味しくてね‥
(>_<)
 
 
嫁さんと2人で、
「ステラ〜」
(T_T)/~
 
 
と、心の中で叫びました。
m(__)m
 
 
‥‥。
 
 
そんなこんなですが、
 
 
と〜に〜かく、
 
 
メリークリスマス!
o(^∇^o)(o^∇^)o♪
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記32』

テニスを終えた後、午後からは免許を取る為の最後のダイビング☆
 
 
やっっっと最後だと思う反面、最後だからやはり淋しい‥
(>_<)
 
 
最後を噛みしめて、いざダイビング!
ヽ(´▽`)/
 
 
最後の場所はこんな感じ♪
 
 
と、先生が説明してくれたけど、実際に潜るとまだいっぱいいっぱいで、ドコにいるのやら‥
( ̄〜 ̄)ξ
 
 
それでも、今まで習った、ボンベの取り付け方や、潜水のやり方をしっかりと実演。
(~ヘ~;)
 
 
嫁さんも、余裕が出てきたみたいで楽しんでいる様子♪
(^-^)
 
 
海は相変わらず綺麗で、魚もいっぱいいました。
(o^∀^o)
 
 
そして無事、最後のダイビングを終えて帰ってきました。
p(^^)q
 
 
ダイビングは初め、死ぬかもしれないと思っていましたが、心から楽しいものへと変わりました♪
 
 
海と一体になり、美しい景色を眺めながら、可愛い魚達と出会い、触れ合う。
 
 
ダイビングにハマる人の気持ちが、本当に解りました☆
(*^_^*)
 
 
またダイビングするぞー!
\(^_^ )( ^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『M−1』

皆さんも見たと思いますが、M−1を見ました。
(^-^)


ナイツ頑張れ〜♪
\(^O^)/


と、思って見ていたのですが、オードリーが登場して、髭男爵ぐらい、事情が変わりました。
(;^_^A


オードリー面白いィィッ!
(≧ω≦)


私は、オードリーの予選と決勝のネタを変えていたら、良い勝負になったと後悔がつきません‥
m(__)m


でも、ノンスタイルの米粒と街灯のくだりには、完全にやられました。
(^ε^)


でも、私は正統な漫才にキャラモノの(?)オードリーが勝つ所を、どうしても見たかったのですぅぅぅッ!
(>_<)


漫才は歌と同じ。


Aメロがあって、Bメロがあって、サビで叩き込む。


決勝のオードリーは、サビが少し弱かった‥


また、良い曲(ネタ)を作って、オードリーには頑張ってほしいです!
(^_^)/~


ノンスタイルさん、路上からの優勝、本当におめでとう!
\(^_^ )( ^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記31』

テニスコートに来た私達。


いざテニスを!
o( ̄ ^  ̄ o)


という前に、自己紹介☆


私、トモさんはバレーボールやバスケットは得意。


テニスは全くの素人。
(^^ゞ


かたや、嫁さん。


中学生の時、区の大会で3位♪


高校の遊びテニス部では、無敵だったらしい‥
(οдО;)


ダイビングの時と変わり、一気に立場が逆転した私達は、嫁さん先輩の指導のもと、テニスを開始。


‥‥。


しかし、私の心の中では‥


(ぜってぇ負けねぇ!!
ギッタンギッタンにしてやるぅぅ!!)
Ψ(`∀´#)


と、松岡修造魂が燃え上がっていた!
(`へ´) 


‥‥。


パコーン!


ポコーン!?


パコーン!


スカ‥


‥‥。


案の定ギッタンギッタンにされた私。
m(__)m


打てばホームラン。
ヽ(´▽`)/


走れば、少し濡れているコートで転び、背中に落ち葉がつく始末に‥
(>_<)


しかし、だんだんコツを掴んだのか、最後には2人で50回ぐらいラリーが出来るようになっていた。
p(^^)q


まぁ、嫁さんがうまいから続いたんだけどね‥
(;^_^A


慣れてきた頃には、ジャンプしながら打てるようになり、「エアK」ならぬ、
「エアT」だぁぁッ!
(`へ´)


と、錦織圭選手のマネをして遊んでいました。
(;^_^A


しかし、少し強い球だと打ち返せない実情が分かり、改めてプロテニスプレーヤーは凄いなぁ‥と思いました。
m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『モルディブ日記30』

6日目は午後から最後のダイビングなので、空いている午前中にテニスをしました。


1時間10ドル(1000円)というテニスコート。


しかし、イスラムの神はついに私達に微笑んだ!
゜+。(*′∇`)。+゜


担当の人に部屋番号を伝えて、料金が追加されようとするその時!


「今回は無料で良いデスよ」


デスよ‥


デスよ‥


頭の中で、何度もリフレインするほどの驚きと感動!
(@゜▽゜@)


「おー!!サンキュー!!」
o(^∇^o)(o^∇^)o


担当の方に、10ドルのチップを渡したくなる衝動を抑え、テニスコートへと向かった。
(T_T)/~


私の中のモルディブ人への好感度が、こ〜んな事で上がった事を、彼らは決して知らないだろう‥
^ー^)人(^ー^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記29』

 
とにかく水のペットボトルが高いと感じる、モルディブでの日々。
 
 
レストランでは相変わらずカネワラが「水を買え買え」と執拗にせまってくる。
Ψ(`∀´#)
 
 
ある時は、カネワラが勝手にペットボトルを持ってきてしまい、嫁さんが、
 
 
「水、NO!」
(`へ´)
 
 
とキレていた。
(;^_^A
 
 
そんなやりとりを見ていた、隣の席のイタリア人が見るに見兼ねて、まだ水が残っているペットボトルをこっそりくれた。
( ̄□ ̄;)!!
 
 
な、何故こんな大切で高い水を‥
w(°0°)w
 
 
あまりに驚いたので聞いてみたら、
 
 
「ワタシたちの水代は旅行のパック代に入っているんだヨ♪」
(^-^)
 
 
「タダみたいなものだから、余りをアゲルよ♪」
(^^)v
 
 
う‥
 
 
嬉すぃ〜!!
(T_T)/~
 
 
感謝感激でペコペコと頭を下げていたら、反対側の席のイギリス人も、ペットボトルを差し出してきた‥
( ̄□ ̄;)!!
 
 
な、何て世界の方々は暖かいんだぁぁッ!!
゜。(p>∧<q)。゜゜
 
 
自分の中であっさりと国境は無くなり、世界中の人とスクラムを組んでいるみたいな気持ちになりました。
\(^_^ )( ^_^)/
 
 
‥‥。
 
 
っていうか、みっともない、日本代表ですいません。
m(__)m
 
 
イタリア人さん、イギリス人さん、本当にありがとうございました!
(^_^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記28』

オルベリ島は、とにかく水が高い。
 
 
蛇口から出てくる水は透明だが、海水をろ過して出てくるため、塩の味がして飲めたものではない。
 
 
というか、生きて行くための飲み水(ペットボトル)が400円とは何事だ!!
(`へ´)
 
 
ということで、知恵を絞りました。
(^^)v
 
 
我が家となっている、水上コテージには、紅茶を飲むために、ティファールみたいな沸騰させる機械がある。 
 
 
水道水を煮沸すれば、飲めるようになるはず!
ヽ(´▽`)/
 
 
この実験が成功すれば、400円もかからず、この島で水が飲み放題!!
ヽ(´▽`)/
 
 
億万長者も夢じゃない!!
゜+。(*′∇`)。+゜
 
 
このくらいの希望を元に、沸騰させてみました。
(^ε^)-☆
 
 
グツグツ♪
 
 
グツグツ♪
 
 
グツグツ♪
 
 
念には念を入れて、3回も沸騰させてみました。
(^^)v
 
 
水が冷めた所でいざ試飲!
o( ̄ ^  ̄ o)
 
 
‥‥。
 
 
おー!!
ヽ(´▽`)/
 
 
クチの中に、水の澄んだ味が‥
 
 
広がらない!!
(´Д`) うぇぇッ!
 
 
なーぜーだー!!
(__;)
 
 
何度沸騰させても、塩の味が抜けません。
(T_T)/~
 
 
世の中そんなに甘くないなぁ‥と、つくづく感じました‥
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記27』

 
マンタとの遭遇の感動をそのままに、2回目のダイビングも無事終了。
 
 
我が家となっている、水上コテージへと帰宅。
 
 
そして、2度のダイビングでヘロヘロになった体を引きずり、4時から最後の筆記の勉強。
 
 
ダイビングの免許を取るのも楽じゃない。
( ̄〜 ̄)ξ
 
 
そんな中、嫁さんは歩きながら寝るという、高等技術を駆使して、なんとか勉強部屋へ。
(οдО;)
 
 
最後の勉強は、先生とマンツーマンでの勉強だったので、寝る事もなく、無事終了♪
(^^)v
 
 
明日の最後の1回のダイビングで終わりだぁ!
ヽ(´▽`)/
 
 
‥なんて思って、先生に挨拶をしている帰りぎわ‥
 
 
突然、嫁さんが涙。
(;_;)
 
 
「ど、どうしたの?」
(・・?)
 
 
と、先生と私。
 
 
嫁は泣きながら、
 
 
「ぜ、先生じゃなければ、免許はと、取れなかったです‥」
(;_;)
 
 
感謝と嬉しさが込み上げ、感極まって泣いていた。
 
 
本当は、かなり大変だったんだろうなぁ‥
 
 
と、嫁の苦労をしっかり受け止めました。
(^-^)
 
 
また、もらい泣きしそうになった私ですが‥
 
 
‥‥。
 
 
まだ明日あるんだからね☆
(;^_^A
 
 
と、先生と2人でたしなめました。
(^o^;
 
 
私は普段から鍛えているし、水泳も得意だから平気だったけど、嫁さんは本当に大変だったんだな‥
 
 
よく頑張ったね♪
 
 
偉いぞ。
(*^_^*)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『想いを歌に込めて』

先日の結婚式で、またコブクロの「永遠にともに」を歌ってきました♪
(^^)v
 
 
歌の出番はお色直しの後。
 
 
結婚式の中では終盤に近いところ‥
 
 
つまり、今回も歌の出番まで長いし、緊張しまくり☆
(ノд<。)゜。
 
 
同じテーブルに座った方からは、
「新郎より緊張していないか?」
と、言われる始末。
(__;)
 
 
そりゃ、自分のライブなら良いけど、人の結婚式だから、ヘタは許されなぃぃッ!!
(`へ´)
 
 
と、思い込んでいるので、あたふたと、相変わらず情けない状態でした。
m(__)m
 
 
テーブルに運ばれてきた、高そうな食材達は、悲しいくらい味を覚えてはいません。
(T_T)/~
 
 
そんな中で、出番が来たので行ってきました。
o( ̄ ^  ̄ o)
 
 
「共に歩き 共に探し 共に笑い 共に誓い♪」
 
 
‥‥。
 
 
歌は練習のかいあって、かなりうまく歌えました♪
 
 
そうしたら、会場は割れんばかりの拍手!
w(°0°)w
 
 
席に帰るまでも、
「うまいね〜!」
と、言われてかなりホッとしました。
(´∀`)
 
 
歌の先生だし、結婚式は1度きりだし‥
(;^_^A
 
 
‥‥。
 
 
なんとか面目を保った私に後日、新郎から嬉しいメールが届きました。
 
 
内容は、私の歌からウルウルしてしまって、最後にはダムが決壊してしまったと‥
(;_;)
 
 
想いが伝わったみたいで良かったぁ〜☆
(´∀`)
 
 
想いを込めて歌う歌は、改めて良いものだと思いました。
(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『また結婚式に行ってきました』

推定4mくらいのウエディングケーキです。
w(°0°)w
 
 
先日は、これまた10年来の友達の結婚式でした。
 
 
新郎が私の友達です。
(^-^)
 
 
綺麗な奥さんを捕まえて、幸せそうでした。
o(^-^)o
 
 
でも、よーく見ると、奥さんの方が、私の友達を捕まえた感じっぽかったです♪
(;^_^A
 
 
なかなか落ち着かないヤツでしたが、私と同じで30才を越えて、結婚する気になったのでしょうか♪
(^ε^)
 
 
新郎はとにかく感極まって、最後の方は涙が止まらない様子でした。
(;_;)
 
 
私も、もらい泣きをいっぱいさせていただきました〜
(T_T)/~
 
 
みんなの思いが1つになって、その思いを感じた時、感謝の涙は止まりません。
゜。(p>∧<q)。゜゜
 
 
とても暖かい結婚式で、良い気持ちになれました☆
 
 
末長くお幸せにね〜♪
^ー^)人(^ー^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記26』

海底で膝をついて待つこと5分。
 
 
少し暗くなったと思ったら、頭上から‥
 
 
マンタ登場!
 
ばばーん!
 
(οдО;)
 
 
で!デカイ!!
 
 
声にならない感動とはこの事!
(m'□'m)
 
 
まず、あまりの大きいにビックリ!
 
 
実際の大きさは解りませんが、6畳間くらいの大きさに見えました。
 
 
ズキューン!
 
そして速い!
ε=┏( ・_・)┛
 
 
あんなに大きいのに、かなり俊敏な泳ぎ。
 
 
とにかく、目の前で起きている事が本当かどうかと疑いたくなる映像。 
(m'□'m)
 
 
マンタの迫力は予想以上でした。
 
右がマンタ
 
海を優雅に、美しく泳ぐマンタは、とても神々しく見えました。
゜+。(*′∇`)。+゜
 
 
そして、何組かいたダイバーの中で、私達の上を通ってくれたのも、なんだか嬉しかったです。
(*^_^*)
 
 
‥‥。
 
 
そしてそして、先日エイとマンタを間違えた自分が、とても恥ずかしいです!
 
(T_T)/~  クヤシイデス!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記25』

1回目のダイビングが終わり、休憩をした後、2回目のダイビングへ。
 
 
ここは、マンタがよく出るらしいスポット。
 
 
幽霊じゃないんだからねぇ‥
^ロ^;
 
 
あまり期待しないで、いざ出陣!
ε=┏( ・_・)┛
 
 
先日まで、ダイビングでブクブクと溺れる事が趣味だった嫁さんも、だいぶ慣れてきたみたい。
(^ε^)
 
 
少し安心した私を、マンタは出迎えてくれるだろうか‥
 
 
先生に連れられて、マンタが出るスポットへ。
 
 
しかしマンタはいなくて、海底に膝をついて待つ事に‥
 
 
‥‥。
 
 
‥‥。
 
 
待つ事5分‥
 
 
ついに‥
 
 
キター!!
\(^O^)/
 
 
‥つづく(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記24』

1回目のダイビングは順調に楽しく進みました。
 
 
いつも通り、先生の誘導に進んでいく。
ヾ(=^▽^=)ノ
 
 
先生:
ホラ♪魚群がいるよ〜♪
 
 
w(°0°)w
おー!スイミーみたいだ!
 
 
先生:
ホラ♪ニモがいるよ〜♪
 
 
w(°0°)w
おー!かくれくまのみは確かに、お腹に2本線だ!
 
 
先生:
ホラ♪サメがいるよ〜♪
 
 
w(°0°)w
わー本当にサメだぁ♪
 
 
‥‥。
 
 
Σ( ̄□ ̄;)
 
 
え!?
 
 
サメじゃん!!
(T_T)
 
 
お願い食べないでぇ〜!
(ノд<。)゜。
 
 
私より嫁さんの方が絶対に、美味しいですぅ〜!
゜。(p>∧<q)。゜゜
 
 
焦っている私達をよそに、先生は余裕の笑顔☆
(o^∀^o)
 
 
後で聞いたら、アレは人を食べない種類だし、刺激しなければ襲ってこないらしい‥
 
 
とにかく、サメを見た時の私の心の内がバレなくて良かったです☆
(^ε^)
 
 
‥‥。
 
 
‥‥。
 
 
嫁さん:
Ψ(`∀´#)  キラーン
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記23』

5日目は、2回ダイビングをしました。
 
 
いつもは島の周りを潜るのだけど、今回は船に乗って沖からダイビング。
 
 
酔い止めをしっかり飲んで、船に乗り込みました。
ε=┏( ・_・)┛
 
 
先生が言うには、マンタが見れるかもしれないとのこと‥
 
 
マ、マンタ!?
 
 
見たい!!
(@゜▽゜@)
 
 
先日、エイをマンタと間違えた恥ずかし私は、どうしても、マンタを見たかった。
 
 
でも、私は思っていた‥
 
 
そんなマンタの都合通りにいくかなぁ‥って。
( ̄〜 ̄;)
 
 
1回目のダイビングでは、ナポレオン、
 
 
と、
 
 
マグロ
 
 
を見ました。
 
 
ナポレオンは大きいわりに、可愛らしく、マグロはとても力強く感じました。
 
 
捕まえて、刺身にしたい!なんて思えないくらい、威圧感がありました。
(`へ´)
 
 
アレを食べたらうまいはずだねぇ‥
(^ε^)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記22』

5日目の朝、朝ご飯を食べにレストランに行く途中、桟橋に不思議な魚を発見しました。
 
 
桟橋にはマンタが出ると、モルディブに行く前に噂を聞いていましたが‥
 
 
エイです。
w(°0°)w
 
 
結構大きくて、1メールはありそうでした。
 
 
見つけた時、私は、
 
 
「マンタか?」
 
 
「これマンタだろ!?」
(@゜▽゜@)
 
 
と嫁さんに話していたら、隣で見ていたヨーロッパ人に、
 
 
「No!マンタ!」
(`´)
 
 
と、突っ込まれてしまいました。
(/_\;)
 
 
日本代表として、とても恥ずかしかったです。
 
m(__)m スイマセン
 
 
他にもこの島はいろんな生き物が沢山いました。 
 
 
水上コテージの下では、フグっぽいヤツや、
 
 
砂浜にはカニやヤドカリ。
 
 
道には不思議な色をしたトカゲ。
 
 
そして、屋根の上にはカラスや足輪がついた海鳥がいました。
 
 
生物の宝石箱や〜☆
ヽ(´▽`)/
 
 
みたいな。
(;^_^A
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記21』

無事オルベリ島へついた私たちは、水上コテージへと帰り道。
 
 
砂浜によりました。
 
 
あまりにも夕日が綺麗だったので‥
 
 
 
夕日を見ながら少し浜辺にたたずんでいると、いきなり嫁さんが涙‥
(;_;)
 
 
夕日の美しさと、結婚をするまでの2人の日々を思い出し、涙が出たそうです‥
 
 
それを見た私も、
 
 
えぇ い〜あー 私ももらい泣き〜♪
(T_T)/~
 
 
少しハネムーンに来た気持ちがした、ひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記20』

この国の当たり前を、ズッシリと刻んだ私達は、船でオルベリ島への帰路に。
 
 
帰る途中で、船がストップ。
 
 
船長らしき人が、
 
 
「イルカの群れがいる!」
 
 
ウソ!!
w(°0°)w
 
 
慌てて甲板に出るとイルカの背ビレがいっぱい!
ε=┏( ・_・)┛
 
 
イルカだぁぁッ♪
(@゜▽゜@)
 
 
可愛い〜☆
(≧ω≦)
 
 
本当に群れをなしていっぱいいる。
 
 
見ながら、この背ビレがサメだったら‥
(οдО;)
 
 
なんて事を思っているのもつかの間、イルカの群れはいそいそと遠くへ行ってしまった。
(T_T)/~
 
 
感動冷めやらぬ我々は、船長のはからいで、甲板の上からダイブをする事に。
 
 
船の2階から、モルディブ人をはじめ、ヨーロッパ人も次々と飛び降りて遊んでいる♪
 
 
私も日本男児!
 
 
ココで飛び込まなくては、日本の恥!
(`へ´)
 
 
と、勝手に思い込んで、嫁さんを引きつれて2階へ。
 
 
しかし‥
 
 
2階から見ると結構高いのね‥
( ̄〜 ̄;)
 
 
でも私は日本代表!
(`´)
 
 
ここで飛ばなくては!
と、しっかり嫁さんの腕を掴んで柵に足をかけた。
o( ̄ ^  ̄ o)
 
 
「い、一緒に飛ぼう‥」
(´`)
 
 
情けない私の顔を見た嫁さんは、結婚式の時、「はい」と答えてくれたように、返事をくれた。
^ロ^;
 
 
女は強いねぇ‥
(^^ゞ
 
 
o( ̄ ^  ̄ o)
 
 
スリー!
 
 
ツー!
 
 
ワン!
 
 
ダイビング!!
w(°0°)w
 
 
ひゅ〜ん♪
 
 
どぼーぉぉん!!
 
 
ぷはぁぁッ!
ヽ(´▽`)/
 
 
無事、日本代表の責務を勤めた我々は、オルベリ島へと帰りました。
 
 
イスラムの洗礼も、真っ白な灰になった出来事も、イルカと綺麗な海が全て、洗い流してくれました。
(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記19』

ここ、リアルな島では買い物が出来るのも、ツアーの目玉。
 
 
「私のトモダチのお店がアルから、そこで買いナヨ」
 
 
と、カネワラが言うので、その店に3人で伺う事に‥
 
 
そのお店は、とにかくいっぱい雑貨が置いてありました。
 
 
島のお土産らしい木彫りの魚とか、南国的な装飾のついた写真立てや、編んで作ってあるカバンなどが置いてありました。
 
 
私達も、日本でお世話になっている方々に、お土産を買わなくてはいけないと思い紅茶を購入しました。
 
 
「1つ7ドルのところを5ドルにサービスするヨ」
 
 
カネワラの顔を立てて(?)友達は安くしてくれました。
 
 
カネワラ、ナイス!
(*^□^*)
 
 
紅茶を7つほど買い込み、次のお店へ♪
(^ε^)
 
 
次のお店に着き、辺りを見回していると、私達が買った同じ紅茶を発見♪
 
 
まじまじ見ていると、その店の店員が、
 
 
「1つ3ドルでいいヨ♪」
 
 
‥‥。
 
 
え!?
(οдО;)
 
 
さっき5ドルで買ったものが、ここでは3ドル!?
 
 
7つで14ドル(1400円)も違う!!
w(°0°)w
 
 
な、なして‥‥
(__;)
 
 
お店を出た後、カネワラに値段の事をかみついた。
(`´)
 
 
そしたら‥
 
 
「このお店の紅茶はホンモノじゃないヨ」
 
 
‥と。
 
 
Ψ(`∀´#) キラーン
 
 
‥‥。
 
 
絶対ウソだ〜〜!!
゜+。(*′∇`)。+゜
 
 
きっとカネワラは、あの友達の店員からバックをいくらかもらってる‥
 
 
ここでもまた、イスラムの洗礼をきちんと受けました。
m(__)m
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記18』

(T_T)/~
 
真っ白な灰の私と、ヨメとカネワラで、現地の人が住んでいるリアルな島を散策しました。
 
 
現地はあまりにもリアルで、ドキュメンタリー番組を見ているかのよう‥
 
 
確実に栄養が足りていない、子供達や、ボロボロの建物。
 
 
そしてその中でも、たくましく生きている人々。
 
 
リアルだ‥
(*_*)
 
 
私が、真っ白な灰になっているのを忘れてしまうような、リアルな現実。
 
 
オルベリ島は本当に綺麗で、観光用に作り上げたもの。
 
 
こっちが現実。
 
 
なんだかな‥
 
 
例えば、もし私がココに産まれていたら‥
 
 
‥‥。
 
 
貧富の差を体感すると、少し言葉が出ませんでした。
m(__)m
 
 
確かに日本は豊かな国。
 
 
でも、ココの子供達の目はとても澄んでいて、日本の子供達より輝いて見えました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記17』

 
現地の人がリアルに生活している島に向かう途中に、私はお腹が痛くなってしまいました。
 
 
近くにいた、専属ウェイターのカネワラに声をかけたら、
 
 
「島についたら私の友達の店で、トイレに行きナヨ」
 
 
って言うので、カネワラの言うことを聞いてみようと思った。
φ(.. )
 
 
島に着いてすぐに、案内してくれたお店でトイレに駆け込んだ!
ε=┏( ・_・)┛
 
 
トイレは少し暗く、うっそうとした通路の先にあった。
 
 
無事用をたして、ふっとしたのもつかの間‥
 
 
あれ!?
 
 
トイレットペーパーが無い!!
Σ( ̄□ ̄;)!!
 
 
で‥
 
 
でも、このホースは何だ?
 
 
(?_?)
 
 
‥‥。
 
 
( ̄□ ̄;)!!
 
 
コレで流すだけかぁぁッ!!
 
 
Ψ(`∀´#) キラキラーン
 
 
‥イスラム教恐るべし
m(__)m
 
 
‥‥。
 
 
ここから先、天然のお風呂という名の「海」に入るまでの私は真っ白な灰のようでした‥
 
 
(T_T)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記16』

シュノーケルのポイントに着いて、船から下ろされた場所は水深5mはある足がつかない所。
 
 
確かに綺麗な景色だけど、足はつかない。
 
 
沖縄でシュノーケルの味を知った我々だったが、沖縄では足がつく安心シュノーケルだった‥
 
 
え!?
 
 
常に泳いでないといけないじゃん!!
 
 
( ̄□ ̄;)!!
 
 
パニックったヨメが、またブクブクと‥
(ノд<。)゜。
 
 
船で待っていてね♪
ヽ(´▽`)/
 
 
ヨメが船から手を振っているのを、ちょいちょい見ながら、シュノーケルを堪能しました☆
(^-^)
 
 
シュノーケルを終えた後は、楽しみにしていた、現地の人が生活しているリアルな島へ。
 
 
そこで‥
 
 
Ψ(`∀´#) キラーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記15』

4日目はアイランドホッピングツアーというものに参加しました。
 
 
オルベリ島みたいに、綺麗なバカンスの島ではなく、現地のリアルな生活の島へ行ったり、シュノーケルをしたり、無人島に行ったりするツアー。
 
 
無人島や、現地のリアルな島、という謳い文句につられて参加をしましたが、ついにこの日、イスラム教の教えが私に牙を剥きました‥
 
 
Ψ(`∀´#) ウッヒッヒッヒッ
 
 
‥‥。
 
 
1日のスタートは無人島から♪
\(^O^)/
 
 
オルベリ島から船で20分の無人島。
 
 
すんげぇ綺麗な海を渡り、目的の島へ‥
 
 
アレが目的の島だ!
 
 
と、案内された島では出迎えの人が手を振ってる‥
 
 
‥!?
 
 
無人島ちゃうやん!!
( ̄□ ̄;)!!
 
 
まぁ、細かい事は気にしないで、天然のビーチを堪能☆
(^O^)
 
 
これは言うまでもなく絶景!!
 
 
そしてお昼のバイキング♪
 
 
どうして、外で食べるご飯は美味しいのでしょうねぇ‥
(*^_^*)
 
 
そして気付けば、レストランの担当をしてくれている、くせ者のカネワラがいる‥
 
 
しかもホリデースタイル♪
 
 
( ̄□ ̄;)!! ナゼイルノ?
 
 
南の島、無人島で開放的になった我々は、カネワラに誘われるがまま、ファンタオレンジとコーラを注文。
 
 
しかし、やはり無料ではなかった!
 
 
1本5ドル=500円。
Σ( ̄□ ̄;)
 
 
2人で14000円するツアーなのに、まだとるのか!?
 
 
しかも、このファンタオレンジは何かがおかしい‥
 
 
色も違うし、味も違う‥
(・・;)
 
 
少々の疑問を感じながら、次の目的地への間のシュノーケルポイントへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『岩手恐るべし』

吉祥寺にある、オイスターバーに行ってきました。
 
 
地下にある面白いお店で、いきなり、
 
 
w(°0°)w
ダースベイダーの兵士「ストームトルーパー」がお出迎え♪
 
 
実物大で、175cmくらい。
 
 
気合い入っているけど、店長の趣味なのかな‥
(^o^;
 
 
全く蠣とは関係ない。
(;^_^A
 
 
この日は3種類の入荷だそうで、北海道産と岩手産、アメリカはワシントン産。
 
 
ちなみに左2つが北海道、真ん中2つが岩手、右2つがワシントン。
 
 
食べ比べてみた‥
o(^-^)o
 
 
ワシントンは少し味が薄く、北海道と岩手は‥
 
 
か〜なりクリーミー!
(´∀`)
 
 
僅差でしたが、岩手産の勝ちでした♪
(^^)v
 
 
本当に、クリーミーで、思わずヨメさんに、
 
 
「クリーミーマミだぁぁッ!」
 
 
って叫んでしまいました☆
゜+。(*′∇`)。+゜
 
 
30代じゃないとワカランかな‥
 
 
カキが美味しい季節になりましたねぇ〜
(T_T)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『モルディブ日記14』

3日目は午前、午後と2回のダイビング。
 
 
まずはビデオを見てそれから実戦。
 
 
ヨメさんは、昨日アレだけ溺れかけたので、今度は真剣に見て‥
 
 
ない( ̄□ ̄;)!!
 
 
またも、コックリコックリ。
(ρ_-)ノ
 
 
だから溺れるんじゃい!
( ̄〜 ̄)ξ
 
(たぶん関係ない)
 
 
昨日は肩に落書きで、
「アホ」って書いたけど、今日は額に「中」って書こうとしたアルよ。
φ(.. )
 
 
ダイビングの先生の手前、書きたい衝動にも、負けずビデオをクリアしたのですが、またも実戦でヨメさんが、ブクブクブク‥
w(°0°)w
 
 
私も何回か吸ってしまいましたが、鼻から海水を吸うと一気にテンションが下がるんです。
(T_T)/~
 
 
そんなダメージにもヨメさんは負けないで、何とか2回のダイビングを終えました。
 
 
ヨメさんの顔はやや引きつり、修行僧のような厳しい顔つき。
 
 
これは、ハネムーン!? 
 
 
それとも合宿か?
 
 
やや筋肉痛の体を引きずり、3日目を終えました。
m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »